桐島はそう思うと緊張してなかなかかけられなかった「、、、まあいいか
  • qvyravmch September 2013

    桐島は困った様子で呟いた 渡部は携帯電話を持っていないのである「やっぱり、親が出るんだよな 家の電話って、、、」チャンルー



    桐島はそう思うと緊張してなかなかかけられなかった「、、、まあいいか!別に!俺が電話したからって元気が出る訳じゃねえし!」トランスポーター



    「はい 渡部です」「あ、、、は、き、桐島と申します!あの、歩さんはおられますでしょうか?」桐島の人見知りは電話越しでも変わりはない たどたどしい喋り方だったダコタ バッグ



    桐島は自分に言い聞かすように言っただが言った直後に、渡部の今日1日の様子と帰り道を歩いている姿を思い出したチャンルー店舗





    プルルルルル プルルルルル「、、、、、」この字余り気味の発信音が桐島を更に緊張させたプルル ガチャGORO'S



    桐島は携帯電話の電話帳から渡部の家の番号を見ていた「、、、う~ん、、、アイツがケータイ持ってたら電話すんのになぁ、、、」コルボ 長財布 評価



    「、、、桐島君?」電話の相手は渡部本人だった「え、、、あ、渡部か?」桐島はホッと安心したように言ったGORO'S



    「うん、、、どうしたの?すっごい慌てながら喋ってたみたいだけど」そう言いながら電話越しにクスクス笑う渡部の声は普段より落ち着いて聞こえる「っ!しゃ、しゃあねえだろ!誰が出るか分かんねえんだから!」桐島は、弱い部分を渡部に見られた様で気恥ずかしかった言い返したが渡部はまだ笑っている「なんだよ、、、元気そうだな」桐島はホッと息をつきながら言った「え?」「今日、なんか元気ないように見えたからよ でも、大丈夫そうだな」「、、、、、」「?」急に黙りこくる渡部を桐島は不思議に思った「もしかして、、、心配してかけてきてくれたの?」「え、、、?え~っと、、、ま、まあそうだな、、、」渡部の問いに桐島は照れながら答えた 改めて訊かれると妙に恥ずかしい気分だった「そっか、、、ありがとう」「い、いや、、、別に礼言われるような事じゃ、、、」「ううん、、、桐島君の声、聞いたらすごく安心した、、、」渡部は噛み締めるように呟く「、、、やっぱり、なんかあったのか?」「、、、、、」桐島は訊ねるが渡部は黙ってしまった「、、、言いたくないなら、無理には聞かねえよ」http://www.chanluu.el-3araby.com「、、、う~ん、、、」桐島はもう一度、渡部の家の番号を見る「そういや、、、俺からかけた事ねえよな 渡部の家に、、、」バリー 財布 メンズいつも電話をかけてきてくれるのは渡部だった「、、、しゃあねえな たまには俺からかけるか、、、」桐島はついに、渡部の家の番号に電話をかけたコルボ バッグ

    関連記事:

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Sign In Apply for Membership

Categories