トクサン ダコタ
  • qgbylcmud September 2013

     そうなると確かに最適な場所だと言えるだろう。「それにな、あの巫女姫の器は異常はほど大きく、普通の巫女姫が貯め込んでおける力の量をはるかに超えていて、汲めども尽きぬ泉のようなものだ。お前に力を分け与えなければ短命のはずの巫女姫が不老不死だったであろう。人の中で暮らすのは、巫女姫もお前も何かと不便だろうと思うぞ」 そうか。魔族が長生きなら、同じくらいの魔力を持つ俺も長生きになったってことだ。http://www.chanluu.raffine-knt.com「でも、魔王様の魔力は俺よりも高いですよね?ご自分で出来ないことはないんじゃないですか?」「確かにな。でも、俺が欲しいのは癒しの力だ」ポーター リュック そう言いながら魔王様は俺の胸元を指さした。そこにはシアちゃんからもらったお守りがある。「あの巫女姫の癒しの力は歴代でも類を見ないほどだ。幼いころからあの皇帝に抑圧されていたせいで力を発揮できておらんが、解放されれば俺でも敵わん。だが、その巫女姫に力を与えられたお前はためらうことなく魔力を操れる。だから、お前にあの地を浄化してほしいのだ」ポーター リュック



    「・・・良かった」 これでもう、あちらの世界に思い残すことはない。 俺はすっきりした気分で質問を続けた。トランスポーター



    「あの地をお前の領地にすればいい」「は?」「巫女姫と夫婦になっても皇国に住んでいれば利用されることもあってわずらわしかろう。しかし、ふたりがあの地に移り住めば、巫女姫が癒しお前が護ると言う不可侵の境界が出来上がる。双方にとってよい状態ではないか?」ヘッドポーター



     俺が突然いなくなっていよいよ絶望していたら、サイモンが戻ってきて歓喜の頂点になって、顔色がころころ変わる老執事が簡単に想像できる。心臓大丈夫だろうな。chan luu チャンルー



    「深淵の大地を浄化してほしいのはどうしてですか?」「あそこは負の感情の塊だろう。魔力に敏感な魔族は影響を受けやすくてな。そのせいか、出生率が下がっておるのだ。ただでさえ魔力が高い者は子供ができにくいと言うのに」チャンルー





     俺はあっけにとられながら魔王様の提案を聞いていた。 確かに、彼女と結婚して皇国に住むのは嫌だ。かと言って魔国に住むのもちょっと違う。chan luu チャンルー



    「そうすると、本格的に侵略しに来るかもしれませんよ」「そこで、だ」 魔王様はにやりと笑うと、身を乗り出しながら言った。GORO'S



     そうか。サイモンは元の世界に戻ったのか。しかも、嫁さん連れて。 時期的には俺と入れ替わりくらいになるんだろうか。同じタイミングだったら笑うんだけど。トクサン ダコタ

    関連記事:

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Sign In Apply for Membership

Categories