menshopoutlet.asia-17081474
  • xjhkvaafg September 2013

    「結婚……するの?」「は?」「樹から聞いたし、この前社食でドレスの写メ見てたよね。その、声が聞こえてきたから」パーカーボールペン



     先輩はズルイ。 フッたくせに、そんな笑顔を私に向けるなんてズルすぎる。 その笑みを見ていると、私の心がまた揺らいでしまうことくらい察知してほしい。忘れたいのに忘れさせてくれないズルイ先輩は、少しずつ私に近づき眩しい笑顔を容赦なく私に向けてきた。ZIPPO 刻印



     先輩はまだ私を苦しめようというのか。あなたがいると辛いのに、あなたの声が聞こえると忘れられないのに。だから辞表を出したのに、どうしてそういうこと言うのだろう。変に期待を持たせるようなこと言わないでほしいよ。お願いだから何も言わないで欲しい。でも、私の思いなどお構い無しに先輩は口を開く。iphone5 カバーケース



    「……しますよ、結婚」「そうか……」「て、言ったらどうします?」 少しだけ先輩に意地悪なことを言ってしまった。先輩が私に結婚の話を持ちかけてきたとき、どうしても訊いてみたかった。先輩は、少しでも私のことをまだ気にかけてくれているのだろうか? と。少しくらい、彼の本心を探ってもいいでしょ、とこの時の私は少々強気だった。一度砕けた想い、だからこそ強気でいられる。これ以上砕けることはもうないから。あとは這い上がるだけの私が、先輩に対して強気になれる最後のチャンスのような気がしていた。ジッポー 手入れ



    http://www.menshopoutlet.asia「香澄ちゃん、会社辞めるって本当?」「え、なんで先輩がそれを……」「部長から聞いた。……それって僕のせいだよね?」「違います。自分のためです」「その辞表、なかったことにして欲しいな」「え?」「……君にはここに、いて欲しいから」腕時計 レディース



    「泣いてませんから」  精一杯、強がったつもりだ。でも、先輩にはお見通しだろう。「ごめんね、僕が悪いんだよね」iphone5 ケースブランド





    「……」「香澄ちゃん、こっち向いて?」「……嫌です」「香澄ちゃん」「嫌です」「香澄」 呼び捨てにされただけなのに、胸がぶるっと震えた。だって先輩が私を呼ぶ声が、あまりにも優しくて穏やかで私を振り向かせるくらいの威力がある先輩の声が、拒否する私の頑なな頭を壊すように私の思いを覆す。振り向くと先輩の優しい笑みに出会い、私はそれだけで泣きそうだった。ZIPPO ランク



    「……なんで泣いてるの?」 その声は、今一番聞きたくない声。渋沢先輩の声だった。 私は振り返ることもできず、ただ俯くばかり。振り向いたら赤くなった目を晒してしまうから。先輩に背を向けた状態で、私も静かに先輩に返事をした。パーカー 5th

    関連記事:

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Sign In Apply for Membership

Categories